FC2ブログ

釣りバカ部 部長フィッシングドラゴンけんけんのブログ

釣り情報やフィッシングアイテムの紹介をするブログです、インプレッションも頑張ります。釣り方やファミリーフィッシングも研究していきます。福岡近辺で活動中の初心者の釣り師です。シーバスやライトショアジギング、五目釣り何でもやります。 目指せ一流マルチアングラー。相互リンク募集中。

シーバスルアーのキャスティングスタイルの話

2015.05.21 (Thu)
最近では珍しくシーバスの話題です。

友人Tさんが書くブログしいあお ~ シーバスとイカと青物を狙うブログにて、キャスティングの話題になっていたので俺もちょっと考えてみました。


It is also a prosperous people such fishing in Japan .
おそらくですが、しいあおブログさんでKと呼ばれているのは俺でしょう。
そして仰るとおりペンデュラムのオーバーヘッドキャストで遠投を多用する傾向にあります。
なぜなら・・・

ルアーがぶっ飛んだほうが気持ち良いから(迫真)
釣れても釣れなくても楽しいのが一番じゃないですか(白目)
だってキャスティングしまくるも釣れない時、キャスティング練習会場となるわけですよ。
なた飛んで楽しいほうが良い、重いルアー万歳。



しかし、最近多用するライトタックルではティップキャストを多用します。
なぜなら・・・

柔らかいロッドだとそのほうが飛ぶから。


そして、ヘチ狙いなどの近距離時はアンダーキャスト、中距離のストラクチャーの時はサイドキャストを多用します。
なぜなら・・・
軽いフェザリングでも狙ったとこにルアーを飛ばせるので。



正直、キャスティング方法によって釣果に差があるということはないと思います。
コントロールや飛距離を正確にするために、自分にあったやり方を見つけるのが一番なんでしょうね。
引用:キャスティング方法って?しいあお ~ シーバスとイカと青物を狙うブログ




素晴らしい考えですね。
全く同意。
狙ったとこにルアーを飛ばせることが出来ればキャスト方法なんてどうでも良いんですよ。


その延長上がカヤックフィッシングというオチです。
ヘタレですんません(笑)
だってイカと青物もっと釣りたいんだもん(笑)


関連記事

スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック