FC2ブログ

釣りバカ部 部長フィッシングドラゴンけんけんのブログ

釣り情報やフィッシングアイテムの紹介をするブログです、インプレッションも頑張ります。釣り方やファミリーフィッシングも研究していきます。福岡近辺で活動中の初心者の釣り師です。シーバスやライトショアジギング、五目釣り何でもやります。 目指せ一流マルチアングラー。相互リンク募集中。

うなぎとナマズはどっちが美味しいのか最強伝説。とうとうナマズゲット。そしてアレしてみた。

2015.09.13 (Sun)
はい、鯉釣りのリベンジ釣行です。
福岡近郊から行けるマシな川。
行ってまいりました。

20150913_140452.jpg




画像からもお分かりの通り、見た目はとても水質の高そうな川です。
福岡市内とは大違い。
でも見た目だけじゃわからないのが水質ではありますが。


It is also a prosperous people such fishing in Japan .
20150913_140456.jpg
奥まで水が綺麗に通っています。
水流もいつもあり、水かさもいつも安定しています。
良いポイントを見つけることが出来ました。
鯉も多少視認できるのですが、なんとナマズを発見。
シェードから時折出入りしています。
でもなんと残念なけんけん野郎(白目)
パンプカの爆弾仕掛けオンリーで来てしまったのです。
しかし、前回の反省を生かし針サイズは大きめ(ニヤリ)
とてもパンをナマズが食うとは思えませんので鯉狙いでスタート!

いつもどおりパン耳を撒き餌します。
パンプカをぷか~んと流します。

ふらふらと流れる撒き餌に鯉がパクリ。
俺「こりゃいけるでしかし!」

メインの爆弾仕掛けのパンに鯉がパクリ!
俺、子供「キターーーーーーーー!!」

今回は合わせバッチリ、ドラグを出しながらゆっくり巻いて行きます。
大分足元まで来たその時、スポッ!
ガバガバのガバメントですやん、と思いつつ仕掛けを確認。
ラインでもノットでもなく抜けていたのは・・・

針のチモトでした。
メーカーさんしっかりお願いします・・・
鯉さんごめんなさい。

気を取り直して次。
またパンを流すと・・・
バン!と言うアタリ。
鯉とチガクネ?と思いつつまきまき。
ん~鯉よりかは軽い。

鯉って想像異常に引くんですよ。
確かに同じサイズなら青物の方が引くこと間違いなしなんですが、体高があるからだと思うんですが同じサイズならシーバスに近いくらいは引くのでは無いでしょうか。

子どもたちの感想
鯉がかかった瞬間竿が折れるかと思いました。
食べたかったです、残念でした。

ナマズがかかると竿が曲がりました、しばらくするとおとなしくなりお父さんが岸に引っ張りあげました。
でも跳ねながら岸に戻ろうとしおもろかったです。

だそうです。


話を戻しますが、ナマズの引きをソルトで言うとシーバスとロックフィッシュの中間の様な感じ。
ある程度引いて、根に戻ろうとして、おとなしくなるけど上げる瞬間あばれる君的な。

なぜパンに食いついたと言う疑問はありますが仮説は3つ。
・小魚が針がかりしそれに食いついた(流石にこれはきづくと思う)
・浮いているパンを餌だと思って食べた(ルアー的な意味)
・なんでも食うからパンも食う(でも肉食魚なんでしょ?)
何なんすかねえ。


20150913_192220.jpg
そんなこんなで釣り上げた鯰先輩。
とりあえず子供の食べてみたいと言う好奇心もありキープ。
ミッションコンプリート。
後はコイだけですな。

ん~、可愛い。
流石キャットフィッシュの名だけはある。
魚としては食べるのが可哀想なくらいキモ可愛いんです。
頭から下は超絶気持ち悪い。
不死に近い生命力(大げさ)、長い尾鰭、ヌルヌル。
養殖成功した暁にはキモキャラとしてヒットの可能性大でしょう。

と思ったら流石琵琶湖。
キャッフィーというゆるキャラがすでにいるそうです。

子どもたちは魚にごめんなさい、頂きますを言いました。
やっぱ釣りって食育としても重要な教育です。
俺らは自分でさばいていないだけで、牛も、豚も、鳥も頂いています。
だからごはんは残さない。
食べられる分だけいただく。


20150913_192620.jpg
そしてココからは大人の都合。
ヌルヌルが捌きにくいのでお湯で絞めて且つ、ヌルヌルタンパク質を硬化させます。
瀕死でおとなしくなり、包丁でヌルヌルをこそぎ落とせるようになります。
さばいている途中は博多湾シーバスや、博多湾サゴシ程は臭くありませんでした。


20150913_194846.jpg
ちょっとアレな部分は通り過ぎ、素人三枚おろしの完成です。
ここまで来るとかなり普通の魚に近いでしょう。

20150913_195708.jpg
酒、みりん、醤油、出汁、砂糖で秘伝のタレを作ります。
正直忙しかったので手抜き風味です。



20150913_211239.jpg
今回は炭火じゃなく、コンロで焼いたので完全ミス。
焦がしました。
慣れている炭火と違い火力調整が難しいです。
コンロは嫁さん専用機と認識しました。

次は炭火で焼いてみたいと思います。

本題のうなぎとナマズはどっちが上手いのか


俺的結論:うなぎ
子供2名:どっちも美味い、ナマズ釣れたらまた食べたい

多分調理方法で感想は変わると思います。
今回雑すぎました。
炭火で皮からこんがり焼いて、身もこんがり直前まで焼いてちゃちゃっと秘伝のタレ重ね塗りして食うのがベストだったのかと。
あとオスで身も細く食べられる部分をダイナミックに選定出来なかった問題もありました。

やっぱ釣りと食って難しいですね。



関連記事

スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック