FC2ブログ

釣りバカ部 部長フィッシングドラゴンけんけんのブログ

釣り情報やフィッシングアイテムの紹介をするブログです、インプレッションも頑張ります。釣り方やファミリーフィッシングも研究していきます。福岡近辺で活動中の初心者の釣り師です。シーバスやライトショアジギング、五目釣り何でもやります。 目指せ一流マルチアングラー。相互リンク募集中。

釣りの大発明ランキング!一人釣りバカ部けんけんが独断と偏見で決める画期的な釣り具10選!

2016.02.23 (Tue)
安心してください!
生きています!

というわけで唐突ですが思ったことを記事にするのがこのブログの悪いところでもあり良い所!
唐突ですが釣りの大発明ランキング!一人釣りバカ部けんけんが独断と偏見で決める画期的な釣り具10選!をご案内していきます。

m201011161300.jpg


It is also a prosperous people such fishing in Japan .

ラインリサイクラー



第一精工 高速リサイクラー2.0


第一精工さんから発売のラインを巻く、そして使い終わったラインを再度逆側から巻き直すことが出来る秀逸な一品。
ラインを巻く手早さ、そしてリサイクル。
コスパは2倍以上、時間の効率も非常に良いです。
だってラインを購入するのにもガソリン代がかかるわけですよ?
その効率を一気に賄うことが出来るのは非常に良い釣り具の発明品だと感じます。




サビキ仕掛け



オーナー鈎 S-3303 波止目玉サビキ 7-1

釣りに置いて最も誰でも簡単に魚をたくさん釣ることが出来る仕掛けだと思います。
投網などは漁なので置いおいて(笑)
一つのハリスにエダスが6本(違うサビキ仕掛けも多数ありますが)、それぞれにシンプルな仕掛けが付いている。
時には撒き餌(コマセ)なしのカラバリ(餌が付いていない針)にも魚が食ってくると言う素敵な仕掛け。
ルアーフィッシングも楽しくて素敵な釣りですが、中にはサビキ釣りを馬鹿にしている残念な方もいらっしゃいます(遠い目)
どんな釣り方でも楽しんだ者勝ちです。
趣味や遊びですからね^^
このサビキと言う仕掛けの進化は今でも時にはおじさま、時には子供の釣りを毎日楽しませることができているのです。
これだけ万人を楽しませる仕掛けは今後なかなか現れないのではないかと思ってしまいます。




マイクロジグヘッド+餌釣り



BREADEN ブリーデン KILLER DART キラーダート【 ソルト用 フック 針 ジグヘッド 】

これはある雑誌等で近年しきりに推奨されている釣り方です。
ジグヘッドにイソメやオキアミなどを付けて使用します。
俺はこの釣り方に否定的ではありません。
なんでもやってみるが吉だと思います(色々なことをやったことない人ほど型に他人をはめようとするので・・・)
実際に釣ることは出来ますし。
今あるルアーフィッシング(ジグヘッド)と餌釣りの融合という意味合いでこれからの進化に期待です。
おそらくこうやって見たらいいじゃんというラテラルシンキングと船釣りのテンヤ+エビが発想のキーワードだと思います。
でもこういった遊びが釣り具を発展させてきたと思うんですよね。


メタルジグ



BREADEN/ブリーデン BISLIDER/バイスライダー 10g【釣り/フィッシング/釣り具/釣具】【海用/メタルジグ】
原点回帰と言う意味合いもありますが、メタルジグ大好きです。
鉛の固まりで魚が釣れるというのは釣りを知っている人以外考えないと思います。
現代の釣りを知っている方々には当たり前かもしれませんが、現代の技術力や情報が無くても作られたこと、現代も主力として残っていることに可能性と魅力を感じます。
タングステンジグやバランスの位置を変え、左右非対称とまだまだ進化をシンプルに続けている点も魅力ですよね。
非常に今後に期待しています。
メタルジグの後方にラバースカート(もちろんフック付き)のし掛けをつけると青物も真鯛も狙えちゃうんじゃないかなとふと思い付きで書いてみたりもします(予算度外視)
メタルジグの歴史



鯛ラバ&インチク


鯛ラバ/タイラバ/鯛カブラ 遊動式/65g
価格:550円(税込、送料込)




漁師さんがきっかけになったという説が有力です。
発祥の地シリーズVol.1(鯛カブラ編)|SEAMOON+
鯛ラバは昔鯛ラバージグと言う名称でも呼ばれました。
これは釣り具メーカーのマーケティング戦略としてブラックバス定番のラバージグのネーミングをヒントにしたのかも知れません。
それよりも何よりも餌でも釣りづらい真鯛をルアーで安定して釣るという発想に驚きます。
インチクも試行錯誤繰り返され現在では炎月(えんげつ) 漁具ingゲームのイマジネーション|ルアー|製品情報|シマノ -SHIMANO-の様に真鯛はもちろん、青物、根魚でも圧倒的な釣果を叩き出せるようになったんですね。
まだまだ未熟なのでこういった釣り具も扱えるようになっていきたいと思います。


ワーム




今やソルトルアーで当たり前の様に使用されているワームもこの方(この会社)なしでは語ることは出来ません。
The Legend of Gary Yamamoto / ゲーリーインターナショナル株式会社
プラスチックルアーの進歩により、匂いつきだけではなく魚は食いついてくるけど子どもや女性でも苦手ではないブルーベリーの様なほぼイソメに似たワーム等が開発されている点です。
もちろん活餌の方が食いつきが良いわけですが、誰でも気軽に釣りを出来るという点では素晴らしい発明品だと思います。


電動リール




まだ購入したことは無いのですが、機械を海に持ち込むと言う発想が素晴らしい。
塩水と機械といえば大敵なんですが、人類と防水技術と釣り具業界の発展の勝利だと思います。
そしてその進歩により100m以上深い場所にいる魚も簡単に引き釣り出せる、女性でも腕力があまり必要ないと言う点も魅力です。
是非深場で釣りをする機会があれば購入してみたいと思います。


ナイロンライン&PEライン 






年末に親族で釣り対談を行ったのですが満場一致でナイロンラインの凄さが話題にあがったんです。
現代のナイロンラインは価格も安く撚れも少なく、硬さもしなやかさも選ぶことが出来ます。
子供でも扱いやすいんですよね。
PEラインも登場自体が衝撃的だったらしく、俺にとっては当たり前のものなんですが
餌釣り=ナイロン
ルアー=PE
という構図があります。
でも釣り場によって使い分けたり、対象魚によって使い分けたり出来るラインの選択肢が広がったということが一番の進歩ではではないかと思います。




ゴムボート+エンジン




ゴムボートに船外機を付けて釣りをしようという考え方も画期的だと思います。
エンジンの進化とボートの素材や製法の進化が生み出したものですよね。
エンジンの耐水性能や破れにくい構造や素材出ないと海の釣りでは使用できません。
製造にアキレスなどのゴムを取り扱うメーカーが参戦したことも大きな要因であったと思います。


魚探+GPS+スマホ




オカッパリでも使用できる魚探です。
これはスマホのBluetoothと連動でき、その他のアプリでGPSと連動させればポイント情報も作成でき非常に便利です。
こちらもスマホの性能進化と連動させた見事な発想です。
これからも性能アップを期待できるカテゴリーではないかと思います。





釣りの大発明ランキング!一人釣りバカ部けんけんが独断と偏見で決める画期的な釣り具10選!まとめ


上記しましたが、素材、製法、考え方の進歩により偉大な釣り具や釣り用品が発明されてきました。
機械とのミックスも非常にアイデアが光ると感じました。
思いついたらまずやってみるというのも今後の新しい釣法や商品につながってくるかもしれませんね。
皆さんのアイデアもきっと商品の進歩につながっているでしょう。
今後も新しい商品楽しみにしつつ釣りを楽しみたいと思います。


関連記事

スポンサーリンク

コメント


管理者のみに表示

トラックバック